中国のIoT市場規模が初めて1兆元(16兆5千万円)を超えたことがわかった。
2018年9月15日、江蘇省無錫で開幕した2018世界IoT博覧会で発表された内容による。博覧会は工業・情報化部、科学技術部、江蘇省人民政府の共催。

博覧会の組織委員会の委託を受けて中国経済信息社が発表した「中国IoT発展年度報告・2017~18年」によると、17年から中国IoT市場は実質的な発展段階に入った。市場規模は1兆元を超え、年間成長率が25%を超えている。そのうちIoTクラウドプラットホームが競争の中核分野となり、2021年には中国のこのプラットフォームに対する支出が世界第1位になると予想される。

博覧会の展示規模は5万平方メートルで、IoT通信・プラットフォームサポート企業、スマート製造・センサー、スマート生活、スマート交通・コネクテッドカー、スマートシティーの5大テーマ館とIoT典型応用プランの体験展示がある。
約20ヶ国と地域の526の企業・団体が出展している。

業種別にみると、IoTは交通、物流、環境保護、医療、警備、電力などの分野で大規模化の検証が行われている。
「IoT+業界応用」の市場細分化が始まり、スマートシティー、工業IoT、コネクテッドカー、スマートホームの4大主要市場に分かれてきている。チップ、スマート認証、センサー、ブロックチェーン、エッジコンピューティングなどIoT関連の新技術の更新・進化でIoT応用製品のスマート、便利、エネルギー低消費、小型化の方向への発展を加速させるとみられる。

無錫は現在、中国で唯一の国家センサー網革新モデル区に指定されており、これまでに20余りのIoT関連の国レベルのブランドが生まれている。
昨年末現在、無錫はIoTの売上高が2437億元に達しており、関連のIoT企業が2千社を超えているのが特徴である。