中国IT通信

クラウドファイルサーバ

中国2017年クラウド市場は72%増・AWSも5位に浮上

2018年7月にIDC中国が発表した「2017年中国パブリッククラウド市場調査」結果によると、2017年の中国パブリッククラウド(IaaS/PaaS)市場規模は前年比72%増の40億米ドルに達している。
この中国パブリッククラウド(IaaS)市場におけるシェアにも変化が見られる。
その中でも「阿里雲(アリババクラウド)」が継続して圧倒的な1位となり45.5%のシェアを獲得。次いで「騰訊雲(テンセントクラウド)」が2位で10.0%を超えている。
3位は「中国電信」であり前年比51%の成長。4位は「金山雲(キングソフトクラウド)」で前年比82%。AWSも2017年から大きく成長し、IaaS市場の5位に入りこんでいる。

(スターティア編集者より)
中国内日系企業であれば「阿里雲(アリババクラウド)」もしくは「AWS」の選択がお薦めであろう。
日本側AWSとの連携を重視するのであればAWS、料金や中国における配信品質等を重視するのであれば「阿里雲(アリババクラウド)」が最適となる。

中国ではなぜクラウドファイルサーバがお薦め?その2

前回は利用者目線で中国において「クラウドファイルサーバ」の導入をお薦めする理由をお伝えしました。
とにかく日本に比較して圧倒的に自由な働き方が中国等の海外拠点における特徴であり、これを支援するのが「クラウドファイルサーバ」です。
今回は情報システム部門から見た「クラウドファイルサーバ」の導入をお薦めする理由について説明します。

続きを読む

中国ではなぜクラウドファイルサーバがお薦め?その1

「クラウド」「クラウドファイルサーバ」って聞いたことがあるけど、サーバ管理の話だから情報システム部門だけが知っていれば良いのでは?
いいえ、そんなことはありません。中国における日本人の働き方を改革するキーワードです。

日本では「働き方改革」が叫ばれていますが、中国における日本人の皆様の働き方はどのようなものでしょうか?
日本にいた時に比較して、圧倒的に自由な働き方となっていることが多いのではないでしょうか?

続きを読む